ライフスタイルの変化

契約書と物件

「不動産」と聞くと、少し堅苦しく感じてしまいます。しかしながら、「家」と置き換えると、心なしか身近に感じます。
一戸建て・マンション・アパートなど、住む居住形態は違えど、皆さん不動産に関わっているのです。ですので、私たちが生活する上で、不動産はなくてはならないものです。
不動産に住むには、購入と賃貸の2パターンがあります。しかし、大半の方は後者ではないのでしょうか。
購入すると、勝ち組と言われるほどです。「いつかは、夢のマイホーム」という憧れを抱いている方が多いのではないのでしょうか。
しかし、「一生賃貸がいい」と考えている人もいます。私もその中の一人です。
なぜならば、不動産賃貸は購入には無いメリットが多くあるからです。

賃貸には、購入にはないメリットが沢山あるのです。まず、お金の面です。
不動産購入の場合は、大きなお金が動く事になります。何千万円という大きな費用がかかります。
本体価格以外にも、諸費用などを含めるとかなりの額になります。確かに、一国一城の主になったという満足感が得られます。
しかしながら、ほとんどの方が多額のローンを組む事になり、長い間支払い続ける事になるのです。次に、近隣トラブルです。
購入すると、その家にずっと住むことになり、近隣トラブルに悩みを抱えている人も多くいます。しかし、賃貸ならば近隣トラブルが起きたら、引っ越すことで柔軟に対応する事ができます。
そして、結婚・出産・同居・・・など、生活と共にかわるライフスタイルの変化に合わせて住み替える事が可能なのです。その時々で、柔軟に対応できるという面が賃貸の良さなのではないでしょうか。