うつ病の原因を探る

女性

うつアカデミー

うつ病の原因を探って治療に役立てることが改善の近道です。まずは鬱について理解しましょう。

うつ病に関する基礎知識

憂鬱な気分になったり気持ちが落ち込んでしまうことは誰でもあることです。気分が回復せずに強い憂鬱感が長く続いて、普段通りの生活を営むことが難しくなってしまうのがうつ病です。うつ病には抑うつ気分と言われる気持ちの落ち込みや、憂鬱感が出る症状とともに考えがまとまらなかったりやる気が出ないなどの精神症状が現れてきます。また疲れが取れないかったり睡眠障害といった身体症状を伴う場合もあります。脳内神経の伝達がうまくいかなくなるといった機能の異常がうつ病の原因です。原因が心の弱さや気の持ちようといったことではないということを知っていなければなりません。医師の診察を受けて適切な予防や治療をすれば防いだり治したりすることができる病気です。かかりやすい性格や体質を持った人がストレスを受けることによって発病します。最悪の場合は自殺に追い込まれることがありますので、正しい基礎知識を持って早期の治療が必要です。うつ病の原因は気分障害です。気分障害とは気分のセルフコントロールができなくなって日常生活に支障をきたす病気のことです。気分障害は2つに大別されます。うつ状態が続く障害とうつ状態とそう状態を繰り返す双極性障害とがあり、治療方法が異なりますので区別して考える必要があります。うつ状態のみの場合は症状の程度や症状継続期間によってタイプが分けられます。双極性障害は躁鬱病と呼ばれています。抑うつ状態がありながら典型症状の一部が現れない非定型うつ病と呼ばれるタイプもあり、若年層を中心に目立つようになっています。ストレス社会と言われる現代においてうつ病は増加傾向にあります。日本人で一生涯のうちで一度は発症する人が15人に1人いるということです。しかし医師の診察を受けている人や意識的に治療を行う人はほんの一部しかいないというのが現状です。また、発症に気づかずうつが原因で合併症状によって身体症状が出たときに内科などの専門医以外の診療を受診する人が多いという調査結果もあります。他の病気やその治療薬が原因でうつ病になってしまうケースすらあるということです。治療法には休養や薬物療法や精神療法などが挙げられます。まず重要なことは休むことです。特に抑うつ症状が強いときは原因となっているストレスから離れてリラックスすることです。しかし抑うつ状態になる人は生真面目な性格の人が多いため、休むことに罪悪感や抵抗感を感じてしまい休むこと自体にストレスを感じてしまいがちです。病気を理解して医師に休むことを勧められたときは思い切って仕事や家事を休み何もしないことに専念するということが必要なのです。薬物療法の主たる薬は抗うつ薬です。抗うつ薬は脳内のセロトニンやノルアドレナリンの働きを活性化して効果を発揮します。症状によっては抗不安薬や睡眠薬が用いられます。精神療法は医師との対話や人的、物理的な交流を通して気分をコントロールできるように向かわせる治療です。症状が快方に向かい社会復帰を目指す段階で特に有効です。その他には音楽・芸術療法や電気治療などが行われるケースもあります。うつ病の予防にはまずは日常生活の中で意識的に行動することです。ゆっくりと風呂に入ったり腹式呼吸をしたり好きな音楽を聴いたり軽いストレッチ運動をするといった手軽にできることから始めてみることが大切です。また信頼できる人に話を聞いてもらったり物の見方を少し変えてみるだけで気持ちが楽になることもあります。こうした当たり前のことから始めてみましょう。

うつ病の特徴

医者

うつ病というのは、心が弱いとか怠けているのとは全然違います。バッテリー切れエネルギー切れのようなもので頑張りたくても頑張れないんです。ちゃんと原因があるのです。

中高年女性のうつ病原因

病院

ホルモンバランスを崩しやすくなっている中高年女性は、更年期障害と判別しにくいタイプのうつ病になることがあります。病院へ行く前に可能な限り原因を見定めてから、受診すべき診療科をある程度見定めておく必要があります。

うつ病の原因とは何か

男性

現代人が悩まされる病気のひとつとして精神的な疾患であるうつ病が広く知られています。ではこの原因については明らかになっているのでしょうか。そして、原因を取り除けばうつ病は治るのでしょうか。